NEWS

医史跡、医資料館探訪記4    松本順(良順)ゆかりの地、大磯を訪ねて

松本良順は、天保3年(1832年)に順天堂始祖の佐藤泰然の次男として生まれ、のちに幕府の奥医師になる松本良甫の養子になります。良順は長崎でオランダ軍医ポンペに師事しオランダ医学を学び、良順自身も奥医師となり将軍徳川家茂の治療に当たります。戊辰戦争では幕府軍に医師として従軍し、その後官軍に捕縛されます。赦免されたのち、明治4年(1871年)に従五位に叙せられ、順に改名します。明治6年(1873年)に初代陸軍軍医総監になります。

海水浴の効用を蘭書で知った松本は、大磯に宿泊した折に大磯海岸を訪れ、海水浴場の条件に合致することを確認しました。漁の邪魔になるという漁師を説得し、 明治18年(1885年)に大磯海水浴場(海水浴場発祥の地)は誕生しました。翌19年(1886年)東海道線の横浜-国府津間の延長が決まってから、松本は伊藤博文に海水浴と国民の健康を力説し、大磯に停車場を設置するよう働きかけ、また旅館と病院を兼ね備えて「祷龍館(とうりゅうかん)」を建設し、建設資金の不足は会員を募り、渋沢栄一や安田善次郎らの東京・横浜の名士が名を連ねました。祷龍館繁栄之図が大磯町郷土資料館に展示されています。当時の海水浴は、潮流で身体に刺激を与え海辺の清涼な空気を吸うことでした。 泳ぐというのではなく、岩の所々に差してある鉄棒につかまり、海水につかっているだけで、いわば潮湯治のようでした。

 祷龍館繁栄之図

大磯照ケ崎海水浴場には、松本順の功績をたたえ謝恩碑と海水浴場発祥の地の碑があります。

その後、大磯に居を構えた松本は、明治40年(1907年)に心臓病で倒れ75歳の生涯に幕を閉じます。大磯の鴫立庵(しぎたつあん)に埋葬されますが、その後大磯駅近くの妙大寺に墓所が移されます。

 妙大寺正門と墓所

妙大寺に寄ったあと、鴫立庵に立ち寄り湘南発祥の地の石碑を見た後、旧吉田茂邸と大磯郷土資料館に行きました。

二子玉川ステーションビル矯正・歯科

小児歯科担当 高見澤 豊