NEWS

こどもの永久歯に差し歯?

 

 永久前歯が外傷などで大きく欠けたり、神経が死んでしまったとき成人では差し歯(専門的にはレジン前装冠あるいは陶材焼付冠など)にします。これは審美的な回復だけでなく、神経が死んでしまった歯はもろくなりやすいので破折防止の意味合いもあります。

 こどもの永久歯では歯冠という歯のみえている部分が年齢とともに長くなってきます。おとなの永久歯とこどもの永久歯を比べると歯の長さに差があると思います。

歯の長さが変化しやすい時期に差し歯を作ると当初はいいのですが、いずれ差し歯の境目がみえてしまうようになります。ですからこどもの歯では差し歯など高価処置は避け、暫間的な修復処置にとどめます。

 では、いつぐらいに最終的な審美処置ができるのでしょうか?成人期のなってからの処置をお勧めします。

二子玉川ステーションビル矯正・歯科

小児歯科担当 高見澤 豊